マンションに投資

Image Replacement

マンションに投資・マンション経営について

マンションに投資

なぜ不動産の中でもマンションに投資するのか?

マンション経営の中でも分散投資でき、手間がかからず、換金しやすいからです。人生はいつなにがあるかわかりません。

マンション投資って、個人年金の代わりになると言いますがどういうことでしょか?

マンション投資をする事で個人年金の代わりになると言われています。

公的年金不安が叫ばれている現在、経済的に安定した老後生活を送るためには、自分自身の自助努力により老後資金を準備しなければなりません。

個人年金は年金契約という形式を取っていますが、中身は金融商品の一つです。

契約先金融機関が破綻した場合は、かなりのリスクを背負う事になります。

また、確定年金など期間が決まっている商品は比較的、負担なくお取り組みする事が出来ますが、平均寿命が延びている現代においては、不安が残ります。

また、終身年金などの商品も月々の払い込み料金が割高なので、かなりの家計の負担になります。

その点、マンション投資は立地を厳選するなど、選択することが出来、リスクヘッジもする事が出来ます。
多大な資金がかかると思われがちですが、自己資金が少なくても、始められます。
仮にローンを組んだとしても、月々のお支払いは家賃収入でほとんどまかえてしまいますので、ローン返済後の安定収入を、
私的年金として活用する目的でお始めになられている方も多くいます。

また、節税などのメリットもあり、他人資本で、負担なく、取り組む事が出来る有効的な資産運用方法の一つとして注目を浴びています。

投資リスクも認識してそれを回避する対策を提示できるかでしょう。間取りもひろい世帯向けの住宅で、家賃も比較的高額に得ることが期待できると、業者からあなたに話を持ちかけられるかもしれません。

マンション投資万全なサポートプラン・保証・販売形態・提携の金融機関・会社規模これらをあわせもった不動産業者選び そして、利便性・賃貸需要・将来性・耐震・修繕・管理体制の整った物件選びをして頂ければマンション投資は大変ローリスクで堅実な資産運用となります。

マンション投資は立地を厳選するなど、選択することが出来、リスクヘッジもする事が出来ます。投資にあたり考慮しなければならないリスクと、その対処法を知っておきましょう。
でも、何かの事情で解約されて空室となったとしたら、そうすぐには入居者が入らない、ということは可能性としては高いように思われませんか?ましてこの、不況と不安定な時代ですから。インターネットの普及によって、以前より不動産情報が容易に入手出来るようになり、買い手にとって探しやすい環境が整ってきています。利回りにはほとんどの人が気づいていない本質があります。



家賃収入はインフレにも強く、長期に渡って受けとれるため、給与収入的な効果を生む、資産運用といえます。まして、先程のモデルケースの方があくまでも概算値になりますので実際の皆様の課税対象所得とは若干誤差が生じることもございますので、ご了承ください。私はこの時代に合った資産運用、マンション経営の方法をご提案しています。初心者でも始められる、人生の成熟期のためにも有用な投資です。都心でも、24時間開いているコンビニは随所にあるし、スポーツ施設や公園も整備もされてきました。

マンション経営においては、投資額や物件購入価格の保証がないため、最終的な利回りは売却した時に確定するからです。賃貸住宅としてのニーズが高い水準であれば、資産価値の下がらない安定した有利な投資物件ということになるからです。あなたのかけがえのない資産形成とその運用の実行を委託するわけなのですから、それは慎重にお考えください。投資金額に対して、高利回り、ハイリターンが期待できる投資商品には、それに応じたハイリスク、危険もあるものなのです。投資も、ギャンブルのように大きな資金力があるほど有利、資金が潤沢なことに越したことはないとはいえます。

今後の日本は大増税時代がやってくると言われております。
具体的には所得税控除の縮小や廃止などが予定されております。
これは民主党のマニフェストの中にもあるこども手当ての財源に充当される為などと言われております。
現在ではこども手当ても開始となっておりますので、本年度より年少扶養控除の廃止、特定扶養控除の縮小など、控除も減少となっております。

この来たるべきしてくる大増税時代をかしこく生き抜くためには
合法的な節税術に注目が集まるのは当たり前の事です。